2018年09月18日

炊き出し鍋開発のきっかけ(1) 〜阪神淡路大震災〜

防災用炊き出し鍋【炊き出し1号】はどのようにして世に出たのか、
社長に開発当時のことを聞いてみました!

*     *     *     *     *

炊き出し鍋を製作するキッカケとなったのは、あの阪神淡路大震災でした。

阪神高速道路が崩れ落ちていたり、街全体が火の海になっていたりと、テレビに映し出される映像はまるでSF映画でも観ている様な感覚を覚えたほどでしたが現実です。
関西地方にいる友人に連絡が取れて取り敢えず水を送ったり、義援金募集サイトから募金したりしましたけど、被災者の為に役に立っているという実感も湧かないまま日にちが過ぎていきました。


そんなある日の夜、いつもの様にテレビに映る被災地の様子を見ていると、ドラム缶を半分に切ったものに下から火を焚いている様子が一瞬映ったんです。
「エッ あんなドラム缶で!?」と思いました。

たぶんレトルト食品か何かを温める為のお湯を沸かしていたんだと思いますけど、これが大鍋だったらそのまま大人数の食事が作れるかもしれないし、もしこれがステンレスの鍋なら長期保存も可能でメンテナンスも要らない、耐久性も抜群で長期間の使用にも心配がない。

「そうか!俺にも出来る事があるんだ!ステンレスで防災用の大鍋を作れば良いんだ!」

炊き出し鍋が世に出る一番最初の出来事でした。


(つづく)
posted by 社長ボーイ&炭っ子ガールズ at 14:30| Comment(0) | ステンレス加工

2018年09月11日

防災用炊き出し鍋「炊き出し1号」のオプション製品ご紹介!

「災害への備え〜防災用炊き出し鍋【炊き出し1号】〜」という記事でご紹介した「炊き出し1号」ですが、大きな寸胴鍋をさらに使いやすく、幅広くご利用頂けるよう、オプションでお選び頂ける製品も販売しております。

DSCN3483.jpg

一つ目にご紹介するのは、大量の汁物も焦がさず底からしっかりかき混ぜられる【櫂 -かい-】です。

この【櫂】は、長い柄とへらが特徴で、平らなへらの先で鍋底をこそぐようにしっかりと混ぜることができます。

大量の汁物を混ぜるのは意外と力が要りますが、持ちやすい太さの柄でぐっと力が入り女性でも楽にかき混ぜることができます。
焦げ付きやすいカレーなどもこの【櫂】があれば安心です。
炊き出し鍋をご検討の方に、ぜひおすすめしたい製品です!

      *    *    *    *    *

DSCN04802.jpg

次にご紹介するのは、【茹でカゴ】です。

お祭りや親睦会などですぐに用意したい枝豆やトウモロコシ、災害時にはレトルト食品など、大量の食材を一度に茹でたり、温めたりする時に使います。

DSCN0484.jpg

DSCF0513.jpg

【茹でカゴ】を使うことで、炊き出し鍋の湯量を余すところなく利用でき、大量の茹で物をムラ無く美味しく仕上げることができます。

使い方はシンプルで、【茹でカゴ】に食材を入れ、取っ手になる2つの穴に長い棒を突き通して持ち上げ、二人がかりで大鍋へ入れます。

DSCN0490.jpg

茹でている間、棒は取り外し、茹で上がったら入れた時と同じように棒を通して二人で茹でカゴを引き上げます。

DSCN0491.jpg

【茹でカゴ】は防災用品としての炊き出し鍋をさらに幅広く、より身近に使い回せる一品です。


防災用炊き出し鍋【炊き出し1号】は、災害時の炊き出し鍋としてだけでなく、町会や会社での慰労会、新年会、防災訓練など、様々な場面でご利用頂けます。

防災用品として備えるだけではなく、地域や会社でのコミュニケーションを活性化し、万一の災害時でも助け合えるネットワークを築いて頂けたら嬉しいです。


posted by 社長ボーイ&炭っ子ガールズ at 14:52| Comment(0) | ステンレス加工

2018年09月07日

台風21号で被災されたみなさま、北海道を震源とする地震で被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

この度の台風21号で被災されたみなさま、また、北海道を震源とする地震で被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。

台風の被害に続き、北海道の大きな地震…。今年は災害が多い気がします。

北海道では停電や余震も続いているとニュースで聞き、皆様の安全とこれ以上被害が広がらないことを願うばかりです。

被災地で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、皆様が一日も早く普段の生活に戻れるよう心よりお祈り申し上げます。



posted by 社長ボーイ&炭っ子ガールズ at 12:01| Comment(0) | その他

2018年08月30日

災害への備え 〜防災用炊き出し鍋【炊き出し1号】〜

DSCN3475.jpg

もうすぐ9月1日、防災の日ですね。近年、各地で大きな災害が起きています。
どのような災害でも、自分の身を守るため、
生活を続けていくための備えが大切です。

災害などの緊急時で特に注意したいのは、
体調・体力を整え、日々の生活を支える「食事」。
出来るだけ温かく消化の良いものを摂りたいですよね。


弊社では自治体、会社、施設など多くの人が関わる団体用に150人分の汁物が作れる防災用炊き出し鍋【炊き出し1号】を販売しております。

DSC01251 (2).jpg

温かい汁物の他、カレーや茹で物、災害時にはお湯を沸かしてレトルト食品を大量に温めるなど、幅広くご利用いただける大鍋です。

防災用炊き出し鍋【炊き出し1号】には、
鍋にかまどもセットされているのですぐに炊き出しができ、
持ち運び・設置しやすく、どなたにもお使い頂けます。

DSCN1802.jpg

金属の材質は高品質でさびにくいSUS304オールステンレス製。
鍋は3mmの厚さで、長期利用に耐えられるよう頑丈に仕上げています。

災害時の炊き出しの他、普段の時には、お祭りや親睦会でのおつまみ・汁物作りに、防災訓練での炊き出しに、ぜひご活用ください。


posted by 社長ボーイ&炭っ子ガールズ at 15:16| Comment(0) | ステンレス加工

2018年08月28日

お客様からの嬉しいお声、ありがとうございます♪

DSCF1927.jpg

【タレくるりん】の発売を記念して、今までのタレ入れをご購入下さったお客様にお手持ちのタレ入れを加工する<【タレくるりん】バージョンアップキャンペーン>のご案内をしていました。

先日、早速お客様からバージョンアップの為のタレ入れが届き、一緒に嬉しいお手紙をいただきましたのでご紹介します!


*****

この度は、「タレくるりん」バージョンアップキャンペーンのご連絡案内ありがとうございます。
確かに、今までタレ入れを傾けて使用していましたが、時々淵からタレをこぼして手元や、足元がベトベトになることがありました。
この度の商品を見て、痒い所に手が届く良い発想だな〜と思いました。
まして、購入者無料アップグレードしていただけるキャンペーンまで。
購入者からしてみれば、これほどまでアフターサービスが素晴らしいとは。と感激しております。
これからも、焼き鳥をより美味しく楽しくさせていただきます。

*****

M様、嬉しいお声をありがとうございます(*^_^*)


M様の仰る通り、今までのタレ入れはジョッキ型でタレがこぼれることがありましたが、【タレくるりん】はカップを傾けてタレを淵まで持ってきても、口板で止まり、タレ付けがしっかりできる自信作です♪
また口板には串の当たる凹みがあるので串の回転がスムーズ!

タレを使い切ることが出来るので、今までタレの処理やべたべたが気になってタレ焼きを避けていた方にも、自信を持ってお勧めします!

新発売の焼き鳥用タレ入れ【タレくるりん】ぜひお試しください☆彡

商品ページはこちら↓
http://omoshiroikoto.com/yakitori_html/shousai/tareire.htm

また、今までのタレ入れをご購入の皆様、タレ入れのバージョンアップは2019年3月末日まで受け付けておりますので、この機会にぜひご検討ください!
お待ちしております\(^o^)/


posted by 社長ボーイ&炭っ子ガールズ at 14:53| Comment(0) | 焼き鳥器