2019年04月11日

憧れの石釜

≪2012.4.26 お父さんの焼き鳥屋さん日記より≫
LaLaLa La Mer の jenaさんの石釜焼きのパンに感動してからちょくちょくブログを拝見している。
パンに限らず生活全般のコーディネイトも素晴しい。
それでもやはり石釜パンは見るたびに感動してしまう。
本物の輝きを放ってるから。

こんな石釜があったら良いなぁ〜 いつも思ってしまう。
10年以上前に家内がパン教室に通い始めたのがキッカケだったと思うけど、
どうせパンを焼くならヤッパリ石釜だろ、って事で買った石釜の本。
ちょっと見ただけでこれは今作るのは無理だと放ったらかしていたら10年経ってしまった^^;

1.jpg

我が家は住宅街の真っ只中なので薪で裸火を扱うのはやっぱり無理かなと思いつつ、最近またこの本を引っ張り出して見てみる。
すると、炭でも大丈夫と書いてある。
えっ そうなの?!
ここでかなりやる気が出てきてネットで調べてみたら鉄で作った鉄釜なんていう物まであるじゃないですか。
な〜んだ 作れるなぁ これは!
早速 概略図を描いてみる。

2.jpg

金属で作った場合、蓄熱量に不安があるため連続燃焼型にしようか。
昨日パンに詳しい友人に電話して飲みながら作戦会議を開いた。
友人曰く、
「俺はパンの事は解るけど釜の事はさっぱりだから任せるよ」
「それと7月に小学校のデイキャンプがあるから子供たちに手作りパンの講習をやろうよ」
結局釜の設計は何も決まらず、キャンプで金釜を使う事だけが決まってしまった。

オイッ 大丈夫かよ
posted by 社長ボーイ&炭っ子ガールズ at 11:55| Comment(0) | ステンレス加工

荷台の修復

≪2011.11.2 お父さんの焼き鳥屋さん日記より≫
長い間乗ってきたトラックの荷台が痛んできたので思い切って修復作業に入りました。

1.jpg

当初、現状の荷台にオイルステンを塗ってその上からステンレス鋼板を張る予定でしたけど、実際に塗ってみてビックリ!風雨にさらされた荷台のコンパネはオイルステンを美味しそうにどんどん吸い込んで6u塗れるのに0.5u塗った時点で塗料終了。
「なんだこりゃー ダメだこりゃ」って事で予定を大幅変更。
荷台の痛んだコンパネを撤去して新品のコンパネと交換することに決定。
(普通は誰でもこの方法を当たり前に考えるんですけどね)
撤去するとこうなるんですね、あまり見たこと無い光景です(笑)

2.jpg

今回のコンパネはウレタンコート材を使います
3.jpg

コンパネ施工開始
4.jpg

こんなんなりましたけど^O^
5.jpg

6.jpg

前々からやらなくちゃと思ってたけど、手を付けないで気になってた^^;
案ずるより生むが易し!
サッパリして嬉しい日になりました^^
posted by 社長ボーイ&炭っ子ガールズ at 11:44| Comment(0) | ステンレス加工

2019年03月26日

冬の道具(鉄板座卓)

≪2011.10.27 お父さんの焼き鳥屋さん日記≫
ブログがしばらく空いちゃいましたけど、こんな物を作ってました^^


1.jpg


去年の冬にホットプレートが壊れてしまい、それじゃーって事で
囲炉裏座卓の囲炉裏を取り外して鉄板座卓にしてみました。
どうせだから厚い鉄板にしようと思い注文してみたら重さが22kg以上ある^o^;
座卓本体の耐久力の事を考えて無かったな・・・^^;;
しょうがないから鉄板焼きセットそのものを下から支えることにして取り敢えず問題クリア。


2.jpg


最初にくず野菜を焼いて鉄板のアクを取ります。

3.jpg


本番です。


4.jpg


ホットプレートで焼いていた当時の量ですけど、小っちゃく見えます。


5.jpg


こんなん出来ましたw


6.jpg


今度はステーキ。 
ステーキは素〜敵〜などと言いながら焼いていく(寒)
家族が凍り付いている間も鉄板全体が熱くなっていく〜 ♪


7.jpg



8.jpg


フランベにした方が良かったけど、美味しかった。

さて、鉄板全体に熱がまわったのでちょっとでかいのをやろうと言うことで3人前にトライ。

9.jpg


仕事柄寸法を測ってしまう、35cmぐらい。
どうやってひっくり返すんだー
それは秘密です。 フフッ

10.jpg


11.jpg


12.jpg


13.jpg


お店っぽくて良い雰囲気で、しかも美味かった^^

しかーし!
準備と後片付けが大変なんだよね
ガス代が結構掛かるかも・・・。
鉄板が温まるとガスストーブみたい(夏に使ったら死ぬ)

はあ〜・・・ やっぱりホットプレート買おうかなぁ・・・ 
やっぱりなぁ〜

posted by 社長ボーイ&炭っ子ガールズ at 09:38| Comment(0) | ステンレス加工